ゲロと贓物の同一性 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2008-11-30

空中要塞トデスキング

空中要塞トデスキング - ゲロと贓物の同一性 を含むブックマーク はてなブックマーク - 空中要塞トデスキング - ゲロと贓物の同一性

病院に戻る途中、夕日の彼方に黒い物体がうっすら見えた。

それは徐々に近づき、やがて形を表した。


要塞だ。

紛う事なき要塞だ。

それも空に浮かぶ要塞だ。

完全なる空中要塞だ。


俺は興奮した。

要塞は興奮に呼応するかの如く、徐々に移動スピードを上げた。

そして遂に私の頭上に位置するまでに至った。


要塞を下から見上げる機会などそうあることではない。

お前らは馬鹿だからどうせ

「要塞の底部にはトデスキングの刻印が・・・」

とか俺が言うと思ったでしょ。

糞が。


それはそうと、

牛すじ肉、以前は近所のスーパーにて\98/100gで常時販売していたのだが、

おでん需要だろうか、それが約二倍の\198/100gになっていた。

価格高騰の主要因の分析は本エントリーと関係がないので省略する。


空中要塞は頭上にあり、

そして偶然にもその地点(「空点」とかいうとかっこいいな)で移動を停止した。

私を呼ぶ声が聞こえる。


「私は万物の象徴だ。お前の力を借りたい。」


そう言った。

聞き覚えのある声だ。

そう、例のスーパーの生鮮コーナー担当の山下さん(40代後半)だ。


そして私は返した。


「私はtodeskingに可能性を見出したい。

私は森羅万象の網羅に関して他者の力、

それが神であれ想像主であれ貴方のような会得者であれ、

そういったものに頼るのは愚かだと感じている。

だから万物とかどうでもいいから、

牛すじ肉を安くしてくれ」


そして価格の元に戻った牛すじ肉を持ち寄って、

todesking宅で鍋を囲んだ。

一般病棟の女性患者も誘って。

軽い合コンみたいだったね!

楽しかったね!

またやろう!



駅の売店でトデスキングのキーホルダー売ってた

駅の売店でトデスキングのキーホルダー売ってた - ゲロと贓物の同一性 を含むブックマーク はてなブックマーク - 駅の売店でトデスキングのキーホルダー売ってた - ゲロと贓物の同一性

まあ、家の鍵とかにつけたらワンポイント的なおしゃれ感は演出できるよね。

ちなみに、デザインはあの「D」っていうアイコンをあしらったものだった。


レジに持って行ったとき、周りの女子高生からの羨望の眼差しに多少戸惑った(笑)


トデスキングを見直した

トデスキングを見直した - ゲロと贓物の同一性 を含むブックマーク はてなブックマーク - トデスキングを見直した - ゲロと贓物の同一性

彼の自宅のベランダで、道路に落ちてた猫の死骸焼いてた。

ああいうのって市区の担当なのか保健所なのかよく分かんないけど、

処理する人もかわいそうだよね。


こころのきれいな人だと思った。


トデスキングに幻滅した

トデスキングに幻滅した - ゲロと贓物の同一性 を含むブックマーク はてなブックマーク - トデスキングに幻滅した - ゲロと贓物の同一性

家に遊びに行って部屋入れてもらって開口一番、


「俺の情報商材買わない?」


とか言われて、マジ萎えた。

なんか無気力に支配されたんだけど、まあ俺も大人だし我慢。

なんとなく質問した。


「どんな情報なの?」


って。

そしたら呆れたことに、


「それは買ってのお楽しみ!」


とか高いテンションで言われちゃったよ。

もうやってらんない。


「視聴」とか「立ち読み」とか「試供品」的なアプローチは重要だと思ってる。

消費者は透明性を求める。

そのニーズに応えられない企業は淘汰される。


彼には完全に幻滅したよ。


ト・デ・ス・キ・ン・グ

ト・デ・ス・キ・ン・グ - ゲロと贓物の同一性 を含むブックマーク はてなブックマーク - ト・デ・ス・キ・ン・グ - ゲロと贓物の同一性


トデスキングさんってすごくオシャレだった

トデスキングさんってすごくオシャレだった - ゲロと贓物の同一性 を含むブックマーク はてなブックマーク - トデスキングさんってすごくオシャレだった - ゲロと贓物の同一性

百貨店にtodeskingさんが入っていくのを見かけた。

俺は迷わず追跡した。


彼は文具屋と雑貨屋が一緒になったような店に入っていった。

白を基調とした、シンプルなデザインの店内だ。

女性のお客さんが多い。

彼は一人だった。


オシャレなめがねをかけていた彼は、

店内をくまなく回っていた。

何かを探している様子で、一瞬足を止めた。

彼は写真立てを物色していた。

その中で一番趣味のいい、ガイコツのデザインのやつをレジに持って行った。

「一番趣味のいい」と書いたのは、彼のデザインセンスの絶対性に他ならない。


彼は慣れた様子で、女性の店員さんと軽く二、三の会話を交わしていた。

店員さんの顔が引きつっていたのが印象的だった。


本文とは関係がないが、中国の言葉に「雲煙過眼」というものがある。


todeskingさんはおしゃれ雑貨屋をあとにした。

やけにキョロキョロしながら歩く。

彼は万引きをしたのだろうか。

俺は親切心で、店に戻り

「あの人万引きしました」

と告げた。

DayanneDayanne2013/12/03 17:27We need more inithgss like this in this thread.

PraveenPraveen2013/12/04 02:57<a href="http://vmbgnige.com">Kngeowdle</a> wants to be free, just like these articles!

FriggaaphorditeFriggaaphordite2013/12/05 13:04These pieces really set a standard in the intdrusy. http://dvdwhrh.com [url=http://ecmbbxqa.com]ecmbbxqa[/url] [link=http://kyrqktvdad.com]kyrqktvdad[/link]

SonalSonal2013/12/07 00:38A perfect reply! Thanks for taking the <a href="http://irbhijpr.com">trbelou.</a>

 |