Hatena::Grouptodeskin

eigokunの手記 RSSフィード

 | 

2013-03-25

米国ドラマ「ブレイキング・バッド」がいかに優れているか

02:31 | 米国ドラマ「ブレイキング・バッド」がいかに優れているか - eigokunの手記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 米国ドラマ「ブレイキング・バッド」がいかに優れているか - eigokunの手記

f:id:eigokun:20130326023511j:image




アメリカで2008年から放送されているテレビドラマで「ブレイキング・バッド」という作品がある。この作品は僕の中では21世紀になってから作られた物語の中でも最高峰のものだと言っても過言ではないと思っている。しかしながら日本でこの作品を知っている人は残念ながらあまり多くない。アメリカでは結構な視聴率だし賞も取ってて、何より批評家から高い評価を受けている。

僕がブレイキング・バッドを知ったのは一年ほど前。伊集院光のラジオで、伊集院光が最近見ているドラマとして語っていて、それからある程度経って、スカパーのフジテレビのチャンネルで放送してることに気付いて見るようになった。

作品のプロットはこうだ。それまで平凡な高校の化学教師としての生活を送っていたウォルター・ホワイトは、ある日末期癌の宣告を受ける。そして家族にお金を残せていないことに気付き(息子の大学費用とかもあるし)、化学の知識を生かして覚醒剤の製造をするようになる。そしてどんどんドラッグの売上で金を手に入れるようになり、また癌の治療にも金がかかるようになり、更にドラッグ製造への関与はエスカレートしていく。そのうち、どんどん深みにはまっていって、視聴者は毎回ハラハラしながら「こんなことになるなら最初からドラッグ製造なんかに手を出さなければよかったのに」と主人公を見守る。

まずこのプロットを読んで気付いた人がもしかしたらいるかもしれない。これは黒澤明の「生きる」の逆バージョンだ。「生きる」では、志村喬演じる主人公は癌を宣告されてからというもの、人生を楽しもうとするようになった。大変心温まるストーリーである。しかしブレイキング・バッドは違う。癌を宣告されてから、やらなきゃいいのに犯罪の世界に飛び込み、全く道を踏み外していく。

また、当然ながらドラッグの怖さというのもちゃんと描かれている。この作品で主人公がどんどん深みにはまっていくのを見て、視聴者は「ドラッグなんて絶対関わらないようにしよう」と思うはずだ。

この作品、何がいいって脚本だ。とにかく脚本が完璧なんだ。100%脚本の力で傑作に仕立てあげている。映画を見る際に、僕は基本的に映像とか描写を重視する。脚本はそれほど重視しない。しかしテレビドラマの場合は脚本こそが重要なんだ。なぜなら、映画は2時間しかない。だから語れるストーリーなんて限りがある。なので、なるべく映像的に面白くしなければいけない。もしくは、どうしてもポエムっぽい漠然としたテーマを取り上げなければいけない。

しかし、テレビドラマの場合は一話につき45分としても、それが数十話ある。ブレイキング・バッドの場合は全部で62話の予定なので、46時間にもなる。つまり映画の23倍だ。また、いくらアメリカのドラマが日本と違ってお金かけられるといっても、せいぜい一話につき3億円程度だ。この程度の予算では、映画のような映像は無理だ。なので、とにかく脚本こそを重視しなければいけない。映画と違ってドラマは異常に時間が長いので、その分本格的なストーリーが語れるんだ。

これは日本でいうと、ストーリー漫画やテレビアニメに近い。日本ではこういう風に長いストーリーを語るのはおなじみの手法だが、アメリカではここ10年ぐらいのテレビドラマの発展により使われるようになった手法だろう。というか昔の(今もほとんどの)アメリカのテレビドラマは一話完結だ。

ところで、アメリカのテレビドラマはここ5年ぐらいで全く別物になっている。昔は、24とかLOSTとかのような、言ってみれば偏差値の低い作品ばかりだった(面白いけど)。しかしここ5年というもの、ケーブルテレビ局のテレビドラマが台頭してきた。24(FOX)やLOST(ABC)はネットワーク局という、つまり地上波の放送だ。地上波のドラマというのは、誰が見ても楽しめる、極めて簡単なものが多い。しかしケーブル局のドラマは、ちゃんと作品主義的に作られている。映画や小説と同じような価値観で作られている。これは地上波と違って、ケーブルの場合は視聴に金取るしあまり視聴率を気にしなくていいという理由だろう。とにかく、それによってここ5年のアメリカのドラマはそれまでとは別物になった。


脱線しました。ブレイキング・バッドでは主人公の化学教師、ウォルター・ホワイトの相棒としてジェシー・ピンクマンという青年が出てくる。


f:id:eigokun:20130326022020j:image

ウォルター・ホワイト


f:id:eigokun:20130326022019j:image

ジェシー・ピンクマン


こいつがまた駄目な奴で、元々はドラッグの売人だったのだが、ウォルターとコンビを組んで覚醒剤を製造するようになるのだ。視聴者としては、こんな情けないクソ野郎はさっさと切れよ。と言いたくもなるし、実際にウォルターもそう思ってたりするのだが、いろいろな理由により二人は腐れ縁の状態になる。この腐れ縁がいいんだよ。男同士の腐れ縁。この感じは、AKIRAでいう金田と鉄雄、ベルセルクでいうガッツとグリフィス、デビルマンでいう不動明と飛鳥了のようでもあるが、それよりももっとショボい感じ。なにせ、主人公も相棒も情けない男なのだ。だが、そこがいいんだ。真の男というのは情けないものなのだ。男というのは負ける生き物なのだ。ブレイキング・バッドには真理が描かれている。

ブレイキング・バッドはアメリカでは今年の夏に放送されるシーズン5の後半で、作品が完結する。ちなみに日本ではシーズン4まで見れる。つまり5シーズンの構成になるのだが、シーズン2までは割とコミカルというか、見てても「大変だな~」みたいな感想なのだが、シーズン3から深刻な話になる。そして、男の話になる。ブレイキング・バッドは男の生き様の物語なんだ。これはちょっとデビルマンに似てるかも。デビルマンも5巻の構成で、3巻目から深刻な話になっていく。

あとブレイキング・バッドが優れているのは、ミニマルさだ。普通、アメリカのテレビドラマというのは登場人物がたくさんいる。たくさんいすぎてキャラクターの名前を覚えきれないこともよくある。そして、本筋のストーリーとは別にサイドストーリーをいろいろ走らせたりする。こういう手法を用いることで、脚本が簡単に書けるというのがある。

しかしブレイキング・バッドは違う。ブレイキング・バッドの登場人物は数えるぐらいしかいない。主要登場人物に関して言うと、シーズン4まででたかだか9人だ。この非常にミニマルな登場人物によって、ハラハラドキドキするストーリーが描かれる。どれだけ脚本書くの上手いんだっていう話だ。

この作品はアメリカのAMCというケーブルテレビ局で放送されていて、同局では日本でも話題のウォーキング・デッドも放送されている。しかしウォーキング・デッドが世界的にヒットしているのに対し、残念ながらブレイキング・バッドはそうではない。特に日本での視聴者数は相当少ないのではないかと思われる。

理由として、ウォーキング・デッドは海外展開をFOXに任せているというのがある。放送局のAMCはアメリカローカルのテレビ局なので、世界に拠点のあるFOXが海外で売っているのである。それが大成功した。

しかしブレイキング・バッドはそうではない。日本ではDVDをポニーキャニオンが売っていて、テレビ放送はCSのフジテレビのチャンネルでたまに行われている。スカパーのユーザーで海外ドラマが好きな層というのは、基本的にAXNやスーパードラマTVをチェックする。残念ながらフジテレビのチャンネルをチェックする人はほとんどいないだろう。なので、よっぽどネットとかでブレイキング・バッドのことを知るとかしないと、そもそも作品の存在自体に気付かない。

またDVDは何故かシーズン2までしか発売されてない。意味が分からない。ポニーキャニオンさんよ、売る気がないなら権利買わないでくれ。なのでシーズン3とシーズン4を見たい人は、スカパーのフジテレビのチャンネルを見るしかない。僕もそうやって見たくちです。


http://bangumi.skyperfectv.co.jp/e2/query:breaking+bad/?_query=breaking+bad


4月からまたスカパーでシーズン3と4をやるみたいなので、ぜひチャックして欲しい。のだけど、フジテレビNEXTというプレミアムチャンネルなので大抵の人は契約外のチャンネルだ。なので、一時的に契約して、放送が終わったら契約解除するのが望ましいと思う。

また当然、シーズン1と2を見ていない人はレンタル屋さんで借りてきて見てほしいです。お願いします。




スティーブン・キングが選んだ「2011年私のトップ20」 : 映画ニュース - 映画.com


ブレイキング・バッドはスティーブン・キングも2011年の全ての作品の中の1位に選出してる。

「『ブレイキング・バッド』は『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』を超えた。まさにアメリカン・クラシックだ」

という評は、つまり新しい作品にしてクラシック(古典)という最大級の賛辞なのだと思います。

またブレイキング・バッドはエミー賞で毎年作品賞にノミネートされたり、毎年主演男優賞を受賞したりと、批評的にも非常に評価が高いのです。





最後に、シーズン1のトレーラーを貼っておきます。




(追記)

http://www.google.co.jp/#safe=off&q=site:http%3A%2F%2Fwww.myjcom.jp%2F+%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%89&fp=1

J-COMオンデマンドとかいう定額サービスでシーズン1~4まで見れるらしいです。シーズン1は8月まで、シーズン4は10月までらしいです。シーズン4だけ従量制課金なのかな。よく分かりませんが。ちょっと複雑な料金体系なサービスなのかもしれません。どちらにせよ、全部見終わったら解約するのがよさそうですね。J-COMオンデマンドに来てるということは、早晩Huluにも来るのかもしれません。




(追記2)

http://bangumi.skyperfectv.co.jp/e2/query:breaking+bad/?_query=breaking+bad

8月1日からまたフジテレビNEXTでシーズン3から放送するらしいです。




(追記3)

http://www.hulu.jp/breaking-bad

とうとうHuluに登場!!!シーズン3までだけど。そういえば昨日、本国ではシーズン5の最終話が放送されてフィナーレを迎えたようです。フジテレビのCSチャンネルもシーズン5早く!!

海外ドラマ好海外ドラマ好2013/08/06 03:12ブレイキングバッドが好きで、ネットでいろいろ調べていたら、
このブログにいきつきました。
作品の良さをこんなにうまく文章で語れる人に初めて出会えました。
・・・というかここまで良さを伝えられるブログ主さんの言語力に鳥肌がたちました。
くだらないネットのたいしたことないニュースやコラムばかりなのでこんなすばらしい文章を書くブログ主さんは一体何者(笑)なのでしょうか。
すばらしすぎます。

FelinaFelina2013/10/02 13:10全く同感です‼︎アメリカ在住なので日本の事情は知りませんが、これはほぼ完璧なドラマ・シリーズです。プロット、脚本、35ミリを使用したシネマトグラフィー、カメラアングル、音楽、登場人物の豊かな個性、そして毎回のオープニング前にチラッと見せるteaser、クリエーターのVince Gilliganは最高のストーリー・テラーです。最終回もファンの期待に十分応えた、満足のいく結末でした。ちなみにウォルターが作るクリスタル・メスは日本で第二次大戦中に開発された覚醒剤で、ヒロポンとして兵士に配給されていたそうです。ジェシーの「Yo」は日本語字幕ではどうなるのでしょうか?

eigokuneigokun2013/10/02 19:03日本語字幕だと「よぉ!」だった気がします。

MassaMassa2013/10/22 22:04最終話テレビ放映の翌日に友達に勧められて、1ヶ月かけて見てきましたが、ついに昨日Felinaを見てしまいました。最後のシーズン8話は、もったいなくて1日1話と決めてたのに、昨日一気に3話見てしまった・・いやー、面白かった。まだズシーンと響いてる感じです。しばらく腑抜けになりそうです。

kazukerokazukero2013/11/21 22:45素晴らしい解説だったのでコメントさせてください。この作品は本当に素晴らしい!まさに人間そのものだ。善と悪は表裏一体。いつ自分が・・・と深く考えさせられます。出来れば前シーズン、日本版を発売して欲しいものです。署名活動でもなんでもしますよ!

AlpiyanAlpiyan2013/12/03 20:25Glad I've finally found sointhmeg I agree with!

MohamedMohamed2013/12/05 13:10Hey, you're the goto exptre. Thanks for hanging out here. http://affokimdd.com [url=http://vrsuzxr.com]vrsuzxr[/url] [link=http://daqutonu.com]daqutonu[/link]

IsrarIsrar2013/12/07 00:59My hat is off to your astute command over this <a href="http://nboermb.com">tobvi-praco!</a>

ShinyaShinya2013/12/07 05:57More posts of this quilaty. Not the usual c***, please http://epkdjsrn.com [url=http://gnqnmramzp.com]gnqnmramzp[/url] [link=http://fifqrtusf.com]fifqrtusf[/link]

まっきぃまっきぃ2014/01/14 17:32ドコモユーザーならdビデオでもシーズン4まで一気に見れますよ!!!

aaaa2014/07/09 16:48シーズン5を見ています。
ウォルターがドツボにハマり過ぎてみていられない。
バッドエンドしか思い描けない・・・でも見るのをやめられない。
素晴らしいドラマです。

erieri2014/09/01 14:11三年前に肺がん末期で亡くなった50歳の兄を思いながら視聴完了させました。兄もステージ3で手術不可能でした。民間の保険に未加入でしたので、支払いの不安にさいなまれながら日々、出来る限りの処方で最期を迎えました。医療の充実しているこの日本ですら、まだまだ支援に頼らなければならない状況。残された家族にこれ以上の負担を掛けさせるものならばいっそ・・・、と、兄は私の前で泣き崩れました。 一度だけ、どうせ死ぬなら、銀行強盗でもしようか、なんて口にしたことがありました。兄の亡くなった2011年にこれを知っていたら、病床中の痛みと不安に折れそうな心身を支えてあげれたな、と、今更ですが思います。その今更に、私は、このドラマから、ようやく現実を受け入れて兄の墓参りを今後続けられそうです。兄がまだ延命していたら、是非、視聴させたかったです。素晴らしいこのドラマに、残された家族こそ、生きる希望をもらって、ありがとうと伝えたいです。

ゆりゆり2014/12/09 15:20この素晴らしいドラマを見終わった後、他のどんなドラマを見てもつまらなくて困ってしまっています。これがブレイキングバッドロス? 私にとって生涯もうこれ以上のドラマに出会うことはないのか・・・と落ち込む日々です。
このドラマの素晴らしさを余すことなく語ってくださているブログ主さん、ありがとう。

UtasinaiUtasinai2015/01/01 00:10本日ブレイキング・バッドを見終わりました。12月に私自身が入院してしまい入院中に何本も管がついている状態でみはじめたのです。病気はつらい。家族のためにどこまで鬼になれるのでしょうか。家族を持つ父なら皆考える事だと思います。ブレイキング・バッドを見終わって激しく喪失感を抱いています。

エロドーナエロドーナ2015/04/09 22:24洋ドラはナイトライダー、エアーウルフ、マクガイバーの頃から見てるけど、とりたて優れたドラマってワケではないがSEASON3までぶっ続けで見ました。このドラマ、クリスタルメス作りたくなるドラマだなwwwちなみにディスカバリーの怪しい伝説「科学ドラマの検証」で主演の2人が検証してくれてるww必見だなww

 |