Hatena::Grouptodeskin

eigokunの手記 RSSフィード

 | 

2014-04-18

小保方さんで抜くこととベッキーで抜くこと

08:49 | 小保方さんで抜くこととベッキーで抜くこと - eigokunの手記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 小保方さんで抜くこととベッキーで抜くこと - eigokunの手記

小保方さんとベッキーは奇妙な対称を見せる。小保方さんは割烹着を着ていて、つまり和風だ。それに対してベッキーはハーフということもあり、西洋を思い起こさせる。また、2000年頃にベッキーはおはスタに出ていたのだが、そのときの設定は「妖精ベッキー」というものだった。ちなみに2000年の夏にたまたまテレビを付けたらおはスタがやっていて、東京サマーランドだかどっかのプールでおはガールたち(ベッキー除く)が水着姿ではしゃいでいて、それを見てから僕はおはスタを見るようになった。当時まだ駆け出しだった蒼井優も水着姿になっていたのだが、巨乳だった。蒼井優は隠れ巨乳なんだ。それ以来蒼井優のファンだったのだが、途中で宮崎あおいに鞍替えした。

話を戻すと、ベッキーはおはスタでは妖精という、つまりオカルト的な存在である。それに対して小保方さんは生物学という完全にそういったオカルトを否定する立場の人間だ。テレビタックルでいうなら、ベッキーがたま出版の韮沢さんだとしたら、小保方さんはそれを追求する大槻教授だ。

小保方さんは会見で初めて泣いた。それまでは、どちらかというと無表情だった。分子生物学の歴史的な発表をして急にリケジョだなんだと騒がれて戸惑っていたのだろう、どこか怯えた小動物のような感じだった。それに対して、ベッキーは泣くことが日常だ。毎日のようにVTRを見てはワイプの中で泣いている。なぜベッキーは泣くのか。それは彼女が性善説的な世界観で生きているからだ。世の中の人はみんな優しい。話せば分かる。誰でも分かり合えるし友達になれる。憲法9条があればどの国も攻めてこない!という政治哲学を持っている。

小保方さんも、元々は普通の性格だった。普通に人々を信頼していた。しかし今回のSTAP騒動で、すべての人間を信用できなくなった。小保方さんは性悪説になったのだ。だから泣いたんだ。会見場に行くと、そこにいるすべての人間が自分を陥れようとしている。もうほとんどレイプに近い。

かたや性善説により泣いたベッキー。かたや性悪説によって泣いた小保方さん。

ところで、STAP細胞の論文は捏造だったのだろうか。それはまだ分からない。つまり、小保方さんが本当のことを言っているという可能性と小保方さんが嘘をついているという可能性が同時に存在している。

同じように、ベッキーが正直だという可能性とベッキーが嘘つきだという可能性も同時に存在している。ベッキーはすぐ感動して泣いてしまうと思われている。しかし本当だろうか。徳光のようにカメラの前で嘘泣きをしているだけなんじゃないか。

小保方さんは元々無表情だったが、嘘を追求されて泣いた。逆にベッキーは、元々泣いていたのだが、おそらく嘘泣きだと追求されたら無表情になるだろう。なぜなら、もう泣けないからだ。表情を失うのだ。

小保方さんは会見で泣いて、やっと人間らしい表情を僕らに見せてくれた。その小保方さんを見て、抱きしめてあげたいと思った男性も多いと思う。平たく言うと、泣いた小保方さんは抜ける。逆に、泣いているベッキーを見ても抜けないけど、無表情のベッキーなら抜けるはずだ。

「ベッキー アイコラ」で画像検索をかけてみたが、そのなかで唯一まともといえるアイコラ画像がこれだ。(閲覧注意。不快に思う人も多いと思うのであえて部分的に切り出している)


http://f.hatena.ne.jp/eigokun/20140418082242



この画像で、ベッキーは無表情である。つまり、無表情のベッキーは抜けるんだ!

(この画像は縦長なので、スマホの待ち受け画像にするのもいいと思います)

ちょとこめちょとこめ2014/04/18 20:15STAP現象の有無は不明だが、論文自体の(悪は別にして)捏造は本人も認める通り。この捏造の仕方はベッキーの笑顔と同じくらいの意思があることを研究者は知っている。

 |